Vol.07「単なる“営業”ではなく、
“コンサルタント”と言った方が近いのかも」

O.Yさん(営業)
2011年新卒入社

SALES INTERVIEW

「売る商品が決まっていない」という最高のつよみ

私は現在、2つのグループを兼務しています。1つはソリューショングループ。これは主にWebサイトの制作を営業する仕事です。そしてもう1つのコンサルティンググループでは、「グロースハック」による新商品を設計し、クライアントに提案しています。今は特に後者の仕事に芽が出はじめ、面白みを感じています。
ご存じの通りグロースハックは、「ABテスト」などでサイト内のデザインをユーザーに合わせて変化させ、売上や企業価値の向上に貢献するサービス。もちろん、まだ成長段階のサービスなので、いくら効果が予想されるとはいえ、すぐに契約が決まるというわけではありません。だから普段より情報収集や分析などを心がけ、業界事情に詳しくなることで、まずはクライアントの信頼を勝ち取るというのが私の営業スタイルです。
これはもはや、単なる「営業」と言うよりも、「コンサルタント」と言った方が近いのかもしれません。なぜならこの仕事は、不動産屋さんや服屋さんとは違って、「売る商品」が決まっていないからです。クライアントにお会いし、困っていること(課題)を引き出して初めて、「商品」が目に見えるのです。
つまり、ニジボックスのビジネスの対象は無限にある、ということ。会社の成長の余地が大きければ大きいほど、仕事のやりがいにつながっています。さらに、「あらゆる企業から課題を引き出せる」というコンサルティング能力が身につくので、自分自身の成長も実感できます。

営業のコツは「コミュ力」ではない

今ではグループリーダーとして10名の部下を統率していますが、入社して1年半ほどは散々な成績でした。上司から配置換えの打診もありましたが、「もう少し営業をやりたい」と伝え、見守ってもらいました。そして2年目からだんだん売れるようになり、今に至ります。
よく世間では、「営業はコミュニケーション能力で決まる」と言われますが、私はそれよりも、「クライアントの課題を聞けるようになること」だと思っています。そのためにすることは、相手の業界をきちんと調べるだけ。クライアントの担当者様より早く業界の情報を入手するだけで、その後の商談もスムーズになるんです。

「プライドの高い人」と一緒に働きたい

ニジボックスで働くには、文系も理系も関係ありません。大学時代に古典文学にハマっていた人も、Webサービスを作っていた人も、同じくらいこの仕事に向いています。
さらに、プライドの高い人は、ニジボックスに合っていると思います。上司や先輩が細かく指示することが少なく、自分の意思が尊重される会社なので、「同期には負けたくない」というくらいの人の方が、成長も早いですし、結果的に会社にも貢献してくれるからです。
もちろん多少の失敗も大歓迎。「致命的ではない失敗を実体験することは、成長につながるし、学ぶことも大きい」というトライアンドエラーの考え方は、ニジボックスに限らず、リクルートグループ全体にあるからです。

1日の仕事の流れ

10:00コンサルティング
グループの
ミーティング

13:00お客様と打ち合わせ。
1日平均2社程度を 
訪問します。

16:30会社に戻って
営業ミーティング

19:00営業数字の集計
などを行い、
遅くても20時頃には
退社します。

OFFの顔

経済学部だったので、友人はみんな金融業界を目指していました。でも私はそんな雰囲気に馴染めず、やりたいこともなかったので、就活はすっかり出遅れました。だからニジボックスと出会えなかったら、自分はここまで成長できなかったと思います。

入社したころは毎晩のように飲み歩いていたのですが、最近子どもが生まれたので、一緒にお風呂に入ったりなど、今はできるだけ家族と過ごすようにしています。プライベートな時間は子供のお昼寝の合間に行く立ち飲み屋くらいになりましたが、苦にはなってないです(笑)

他のインタビューを見る